痔の市販薬 その2 軟膏・注入軟膏




痔を市販薬で治療しようと思った時、軟膏タイプの市販薬が一番とっつきやすい気がします。
坐剤を肛門に入れる、というのは慣れるまでは結構ハードルが高いですが、軟膏であれば塗るだけです。
切れ痔等であればチューブに入ったタイプの軟膏でいいのですが、いぼ痔の場合は肛門内にいぼがあるので、軟膏を十分に患部に塗るのが難しかったりします。
そこで各メーカーから出ているのが注入軟膏タイプです。
軟膏を小さなイチジク浣腸状のパッケージに入れてあり、そのまま肛門に差し込んで内部に軟膏を入れてあげることができます。
普通に絞り出して外部の痔に塗ることも可能です。
使い勝手のいい、形状ですね。痔を患っている人であればだれもが一度は考えたことがある形を具現化した、という感じです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です