痔の市販薬 その1 坐剤タイプ




痔の市販薬についての話です。まずは坐剤。肛門から挿入するやつですね。
坐剤に関しては患部付近に直接あたるように挿入するため、いぼ痔に向いている薬ですね。
ボラギノール、とかプリザSとか、色々CMでも目にします。
薬の効能としては消炎効果、消毒効果が主となっているようです。
痔核が肛門内部に出来るいぼ痔の場合はこの坐剤タイプがメインになると思います。
または、軟膏タイプを注入できるパッケージにしたものも出ているので、こちらもいいかもしれません。
外痔核や切れ痔も併発しているようであれば、注入軟膏であれば塗ることができます。
私は最初は坐剤を使っていました。プリザSですね。
止まって治す、というフレーズが心強かったものです。
ただ、あくまでも初期段階は別としてある程度育ってしまった痔核の場合、最良の結果でも現状維持、だと思います。悪化させないために市販薬を使う、という認識がちょうどいいと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です