PPH法ってなんだ?




私自身に関する痔の話題で新しいものがなかったりするのですが。
イボ痔の治療法でPPH法というのがあるとのことで、調べてみました。
サーキュラー・ステープラーという筒状の器具を肛門に挿入し、直腸粘膜を
筒の内部にはさんで、内痔核を切除せずに痔核の2cm上の直腸粘膜を輪切りに
切除するという方法のようです。
痔核そのものは切除せず、その上の直腸粘膜を切除することで痔核が元の
位置に引っぱり上げられ、動静脈叢上部の血流を遮断するので、痔核は自然に
小さくなるとされているんですが、現在は内痔核はコラーゲンなどの繊維質の
結合織を多量に含んでいるので、血行がよくなっただけでは消失しないことが
明らかになっているらしいです。
手術が簡単だったり、入院期間が少ないなどのメリットはあるものの、患部は
基本的に残したままなので、ちょっと不安ですね・・・










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です