発熱と3週間検診




今週の日曜日、布団に入ったあたりから急に寒気が襲ってきて、熱を測ると38.6℃! 湯たんぽを抱えて震えながら眠りました。
月曜の朝になっても熱がひかず、もしかしてインフルエンザか・・・?と思いながら近所の病院に行って検査してもらったらインフルエンザではない、ということ。
抗生物質他貰って帰ってきて一日寝て過ごしました。
で、熱は出てそのせいで関節が痛かったりするんですが、鼻や喉なんかには全然こない。
これはジオン注射の副作用による発熱というやつなんだろうか・・・
と熱を帯びた思考で考えたりした・・・
で、今日施術後3週間の検診だったので、先生に上記を聞いてみたところ、副作用の発熱は2週間以内に起きる場合が多いが、副作用でないとは言い切れない。注射した内痔核はかなり硬化して収縮が進んでいるので、ここまで患部が落ち着いてからの発熱はあまりないと思う、というお返事でした。
治癒状況は順調ということで、同じポラザG軟膏を1ヶ月分出してもらい、その間になにかあれば来院しなさい、と。
なにもなければこれでおしまい、ということでしょうか。
ま、とりあえず良かった。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です