実は妊婦に多い!いぼ痔とその治し方




妊娠と出産を機にいぼ痔になる女性、多いみたいです。

妊娠中にいぼ痔を患ってしまう女性はかなり多いです。

原因は子宮の中で大きくなる赤ちゃんの重みで内臓が圧迫され、結果として便秘となったり、肛門周辺の血流が阻害されたりしていぼ痔になるということのようです。

出来てしまったいぼ痔ですが、治す方法としては、市販薬を使って治す方法がありますが、注意点が一つ。

市販薬で早めに処置をする

市販薬の中にはステロイドを使用したものがあります。

一般的に軟膏タイプの痔の市販薬に含まれているステロイドが胎児に影響することはありませんが、念のため産婦人科の先生に相談してからが良いでしょう。飲むタイプの痔の薬の場合も同様です。

患部を温めて血行を良くする

それから患部を温めるというのも有効な手段です。シャワートイレを活用し、温水で肛門周辺を温める、入浴時に肛門周辺をマッサージするのも良い方法です。

いぼ痔は血行不良が大きな原因のひとつだということを認識してください。

いぼ痔を予防するには?

いぼ痔の原因として考えられるのはいくつかありますが、まず便秘です。

特に妊娠中はホルモンバランスの変化や食の嗜好の変化等によって便秘になりがちです。

なるべく便秘にならないように食物繊維をたくさんとる、水分をたくさんとる等して便秘にならないように気をつけましょう。

それでも便秘になってしまった場合、便秘薬を服用したくなりますが、便秘薬を服用する場合には念のため産婦人科の先生に相談してからにしてください。

また、いぼ痔=血行不良による瘤ですから、同じ姿勢をずっと取らない、座りっぱなしにならないよう時々立ち上がって運動する等、マメに身体を動かしたりする習慣をつけることでいぼ痔の予防になります。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です